Q&A

初めての富士での不動産売却をお考えの方にも安心です

これまでにも不動産売却に関するご相談を富士で多数承っています

初めて不動産売却をされる方にも安心してお取引を行っていただけるよう、様々な疑問にお答えしております。富士にて多数の不動産売却のサポートを手掛けてきた確かな実績がございますので、ご不安なことやわからないことなどございましたら、いつでも気軽にお問い合わせください。富士で営業を続ける中でお寄せいただいたご質問の中で、特に数の多かったものに関しては、疑問の解決にお役立ていただけるようよくある質問として回答と併せて掲載しております。ご契約の流れから各種手続きに関することまで、一つひとつ丁寧にご説明します。

よくある質問

  • 空き家を売却しようか悩んでいるのですが、相談にのってもらえますか?

    もちろんです。不動産取引の動向や、相場、売買の流れ、売却に掛かる費用などのお話しができます。簡易査定が可能であれば、価格のお話もできます。その上で売却するかどうかご判断ください。まずはご相談お待ちしております。

  • 利用していない住宅があるのですが、売却か賃貸かどちらがお勧めですか?

    家賃収入は大きな魅力です、余裕があれば選択肢の一つです。ただし、賃貸も事業です。旨い話ばかりではありません。当社は賃貸管理もやっておりますが、貸すからには需要に合ったリフォームも必要ですし、空室リスク、滞納リスク、孤独死、入退去時のリフォーム費負担、毎年の固定資産税負担、売りたいときにすぐ売れなくなる、など様々なリスクと負担が生じます。その上、売ろうとしたら土地建物の価格が下がっていた、ということもございます。総合的に判断されることをお勧めします。

  • 売却の相談に行きたいのですが、何か用意して行くものはありますか。いくら位で売れるか査定もしてもらえますか?

    最低限、対象物件の所在・地番のわかるものをお持ちください。さらに、登記事項証明書・公図・測量図・建築確認書・登記済権利証・固定資産税納付書などありましたらお持ちください。簡易査定も可能です。

  • 売買価格はどのようにして決まるのですか?

    まずはお客様のお話を伺い、物件を調査し、査定価格を出します。そしてお客様とご相談の上で販売価格を決定します。販売価格で営業活動を行い、購入希望者が出て、仮に価格交渉があれば諸条件を含めてお客様とご相談し、購入希望者と条件一致があれば売買価格が決まることになります。 

    最近、インターネット査定サイトで、複数の業者に査定価格を競わせ、高い査定価格であたかも売買契約が決まるかの様な印象を与える表現のサイトがございます。査定価格と実際に契約となる売買価格とは異なりますのでご注意ください。

  • 買取もやっていますか?

    物件にもよりますが、買取もさせていただいております。ただ、業者に一旦所有権が移るため、登記費用や取得税・固定資産税・業者売主になるために生じるリフォーム費・売却時の手数料などの費用が掛かるため、仲介で売却するより価格が下がってしまうのが通常です。急な現金化の必要などお客様のご事情に合わせてご検討ください。なお、分譲行為は宅建免許が必要となるため面積の広い住宅用地は業者買取がベースとなります。

  • 売却しても住み続けられる「リースバック」というものがあると聞いたのですが?

    リースバックは、売却と同時に買主と賃貸借契約を結び、一定期間内であれば再売買で買い取ることもできる、というシステムです。急な資金の必要・他者からはわからないように売却など、うまく利用すれば便利な制度ですが、家賃が相場より高かったり、住み続けられるといっても、定期借家契約で一定期間経過後退去を迫られたりなど、売主様にとって必ずしも有利でないものもございます。当社では、お客様に、メリット・デメリットをよく理解して頂き、納得して頂いたうえで、当社買取又は投資家買取で、リースバック契約も扱わせて頂きますので、ご相談ください。

  • 自宅以外に、土地やアパートを所有しています。「相続対策」という言葉も頭に浮かぶ歳になったのですが、どうしたらよいですか?

    お持ちの物件を一度すべて書き出してみてください。そして、残しておきたい物件そうでない物件、アパートの中でも好立地で投資効率の良い物件、アパートの老朽化や、人口減少に伴う入居率低下、その対策として今後リフォームに掛かる費用を考えると効率悪化が懸念される物件、相続税対策として取っておきたい現金化しやすい物件、買い替えておいた方が良い物件など様々な視点から整理しなおしてみてください。相続対策には時間がかかります。ぜひ早めにご相談ください。

  • 不動産の売却で、不動産仲介業者に依頼するメリットは何ですか?

    不動産相談のトラブル事例には、個人間売買によるものがよく見受けられます。不動産取引は、専門的知識を要するうえに、価格も大きく、また、当事者以外の利害関係人も係わってくることもあるため、一旦トラブルが生じるとどうしても複雑な問題になりがちです。不動産業者に売却を依頼すると、けっして安くはない仲介料が掛かります。しかし、物件調査、価格査定、広告やインターネット・業者のネットワークを利用した販売活動、重要事項説明書や契約書等の書類作成、測量や司法書士・金融機関の手配など、安心して任せられます。是非当社にお任せください。

  • 相談や査定は有料ですか?

    無料です。ただし、はじめから査定書作成だけのご依頼の場合や調査物件の筆数が多く調査費用が多く掛かる場合などは費用を頂く場合もございます。

  • 不動産の売却は、どんな流れですか、いつ代金をもらえるのですか?

    前述の内容とも重なりますが、はじめにお客様のご希望・状況等を伺うことがスタートとなります。お急ぎかそうでないか、買取か仲介か、現状かリフォームするか、事前に掛かる費用は余裕があるか、など販売の方針が決まってくるからです。買取であれば買取価格を算出し、ご納得頂ける価格の折衝となりますが、仲介の場合は、査定価格を出し売主様とのご相談で販売価格を決定します。販売価格が決まりましたら媒介契約を締結し、販売活動を開始します。リフォーム、測量等が必要であればこの間に作業を進めます。内見希望者があればご案内します。購入希望者が出てきましたら、融資の事前相談と同時に売主様と諸条件の調整を致します。事前審査も通り、諸条件も一致すればご契約となります。通常、代金の受領は契約時に手付金として約1割(最近は少ない傾向あり)、決済時に所有権移転登記に必要な書類と引き換えに残金受領、そして引き渡しとなります。

  • 空き家を売却したいのですが、リフォームしなければなりませんか?

    リフォームしなければならないということはございません。現状渡しも可能です。但し、物件の状態にもよりますが、ある程度きれいになっている方が成約に至りやすいのも事実です。売り物件は商品だという感覚を持っていただけるとよいかと思います。

  • 担保が付いているのですが売れますか?

    融資を受けて不動産を購入することは普通のことです、したがって、担保が付いていることも普通です。もし残債がなければ、すぐに抹消登記できます。残債があっても、決済時に売買代金の一部を弁済に充当し、担保抹消と同時に移転登記するという流れになります。仮に売買代金で完済に不足する場合は、不足分だけご用意いただくことになります。

  • 売却にはどんな費用が掛かりますか?

    一般的には、契約書貼付用の収入印紙代、仲介手数料、担保(抵当権等)抹消登記費用(登録免許税・司法書士報酬)が費用として挙げられます。当社買取の場合は、仲介手数料は不要となります。その他に、境界明示のための測量費、リフォームをする場合はその費用が必要となる場合がございます。また、土地建物の売却により譲渡益が生じた場合は、その利益に対して所得税・住民税が掛かります。何れにしましても、一般的な費用以外はケースバイケースとなります。

  • 仲介料はどれくらいかかりますか?

    国土交通省告示により、宅地建物取引業者の報酬の上限が決められています。

    売買価格(消費税抜)が400万円を超える場合は、売買価格(消費税抜)の3%+6万円+消費税。

    売買価格(消費税抜)が400万円以下の場合は、現在特例により調査費用を含めて、18万円+消費税までとなっております。

お客様に安心してお取引を行っていただけるよう、お取引の流れはもちろん一つひとつの事柄について丁寧なご説明を徹底してまいりました。ご不明な点などあればどんなことでもご質問を承っておりますので、富士で不動産売却を検討されている方は、気軽にお問い合わせください。お客様の目線に立った安心感のあるサービス提供を心掛け、対応の良さに関してもご好評いただいてきた実績がございます。ご不安なく心からご満足いただけるお取引を目指し、工夫を続けてまいりました。

ほとんどの方にとって不動産売却は初めてのご経験になるため、はじめはわからないことが多くご不安を抱えていらっしゃるのが普通です。富士にて地域密着で営業する不動産のプロとして、お客様の疑問にも丁寧にお答えし、ご希望の条件に合ったお取引を実現できるようしっかりとサポートいたします。細かなことも安心して相談できる不動産売買の仲介会社をお探しの方に最適です。